送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰椎分離すべり症 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

腰椎分離すべり症

このようなお悩みはありませんか?

腰痛が慢性的に続いている人がいましたら、腰椎分離すべり症の可能性があります。
腰椎分離すべり症になると、主に腰痛を感じてしまうでしょう。
お尻や太腿の痛みが出てしまう場合もあります。
痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなってしまうでしょう。
青少年から高齢者まで、広範囲に渡って、腰痛や下肢痛、しびれが出てきてしまう症状です。

このような症状があれば、我慢せずにお気軽に九条のえんめい鍼灸整骨院を訪ねてみてください。
年齢は関係なく、あなたにあった施術をしていきます。

なぜ腰椎分離すべり症が起きるのか?

どうして「腰椎分離すべり症」の症状が出てしまうのでしょうか。
ちょっとしたことをきっかけにして起こるわけではなく、運動の練習中などに、繰り返し腰椎をそらしたり、回したりすることで起こってしまうことが多いです。

一般の人は5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症です。
分離症は10歳代で起こってしまいますが、これが原因でその後少しずつ、「分離すべり症」に発展していくことがあるでしょう。

注意!腰椎分離すべり症の裏に隠れている病気

腰椎分離すべり症には、「坐骨神経痛」が挙げられます。
すべりの程度が強くなってしまうと、腰椎の後方を走る脊髄神経が圧迫されてしまい、下半身に痛みやしびれが出てしまうでしょう。
わらに、長距離を歩くと、痛みやしびれが出てしまい、屈むことによって楽になる「間欠性跛行」という症状もみられます。

症状が深刻になる前に、是非一度九条のえんめい鍼灸整骨院までご相談ください。