TEL LINE

ストレートネック | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ストレートネック

ストレートネックでお困りなら九条・九条駅のえんめい鍼灸整骨院まで

こんな症状が出ていたらえんめい鍼灸整骨院まで

・最近肩こりや首のこりがひどい
・背中が痛い
・首や肩、背中が張っているような感覚がある
・頭痛や吐き気が出る
・不眠
・ヘルニア
・イライラしやすい
・手や腕がしびれる

ストレートネックになると、上記のような症状を招くことがあります。九条・九条駅のえんめい鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。首に負担をかけ続けることにより、本来なら曲線を描いているはずの頸椎が、カーブしなくなる症状がストレートネックです。

「ストレートネック」というものの、近年の時代背景から「スマホ首」とも呼ばれます。ストレートネックが行き過ぎると、頸椎と頸椎の間にある椎間板が突き出てしまい、椎間板ヘルニアになるケースもあります。

ストレートネックの原因は

・ずっと同じ姿勢で読書
・長時間のパソコン業務
・枕の高さが合っていない
・長時間のスマートフォン操作

ストレートネックの原因で最近多いのは、長時間に渡るパソコン作業やスマートフォンの酷使です。スマートフォンを使う時、意識しなければ自然とうつむき加減になりますよね。

この状態は頭部の重心を前にかけてしまうため、首に余計な負荷がかかり、ストレートネックを招きやすいです。うつむく角度が大きければ大きい程、首の骨にかかる負担は大きくなり、ストレートネックになりやすいでしょう。

パソコン作業をする時も、画面をのぞき込むようにすると前かがみになってしまいます。この姿勢が癖になると、首に負担を与えやすいです。

その上猫背のままパソコン作業をしていると、背骨や骨盤まで歪みやすくなります。長時間の読書でストレートネックになりやすいのも、パソコン作業の時と同様のメカニズムです。本を読む時は目線が下になり、頭や首まで下がりますよね。この状態で読書を続けていると、首に大きな負担がかかります。

ストレートネックは男性より女性に多い!そのワケは…

ストレートネックは、男性よりも女性に多いと言われます。その理由は、女性は男性の関節よりも軟らかく、その分骨格に癖がつきやすいからです。もちろん、だからといって男性ならならないとは限りません。

ストレートネックを予防する方法

・背筋を伸ばして立ち、顎を引く
・パソコンのモニターの位置を目線のやや下にする
・正しい姿勢を維持する
・首に合う枕を使って寝る
・スマートフォンを使用する時は目の高さまで持ってくる

パソコンの画面は、目線のやや下にあるのがいいとされています。

高すぎると目が疲れやすく、低すぎるとストレートネックになりやすいです。モニターアームがあると、パソコンの画面の位置を調整しやすいでしょう。