送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ジャンパー膝(ジャンパーズニー) | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)

このようなお悩みはありませんか?

膝を曲げ伸ばしするたびに、膝のお皿の上や下に痛みが出てしまうということはありませんか?
もしもこのようなお悩みがあれば、九条のえんめい鍼灸整骨院までお気軽にご来院ください。
当院では、ジャンパー膝(ジャンパーズニー)の症状も受け付けていて、これまでも九条のえんめい鍼灸整骨院では、多くのお客さんに対応してきました。

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)は、運動する人がなりやすい症状です。

膝のお皿の周りを押すと、痛みが出てしまうことがありますが、バスケットボールやバレーボールなどでジャンプを繰り返す、サッカーなどでボールを蹴る、ダッシュを繰り返すなどスポーツをする方に多くみられます。

なぜジャンパー膝(ジャンパーズニー)が起きるのか?

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)に痛みが出る場所は、「膝蓋靭帯」と言っています。
この部分に負担がかかることで、小さな断裂を起こしてしまいます。
負担がかかる理由としては、単純に「使い過ぎ」です。

スポーツを日頃よく行う人であれば、痛みと上手に付き合いながらも、運動量をコントロールして様子をみていく必要があるでしょう。
早めに処置していかなければ、どんどん症状は悪化してしまいます。

もしもあなたのジャンパー膝(ジャンパーズニー)が病院に通っていてもなかなか治らないようでしたら、それは施術方法が合っていないとも言えるでしょう。

注意!ジャンパー膝(ジャンパーズニー)の裏に隠れている病気

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)で最も多いと言われるのが、「膝蓋腱炎」です。
膝蓋腱炎は、膝蓋腱そのものが痛んでしまうものです。

膝蓋腱炎は太ももとお皿の付託部、膝蓋腱とお皿の付着部、膝蓋腱とすねの骨の付着部と3つのポイントで痛みが出てしまいます。
その中でも、膝蓋腱とお皿の付着部での痛みの発生が多いです。

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)が治らなくなってしまう前に、ぜひ一度、九条のえんめい鍼灸整骨院で施術を受けてみてください。