送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

野球肩 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

野球肩

このようなお悩みはありませんか?

・ボールを投げた時だけ痛い
・指からボールが離れる瞬間が特に痛い
・練習中は痛くないのに、押すと痛みが出る
・肩甲骨を寄せると内側が痛くなる
・痛みはなくても手が上がらなくなって、力が入らなくなる
・腕を上げるだけでも痛みが出てしまう
・腕を振り上げた時に痛みが出る
・肩が抜けたような感じがすると、しびれが出てしまう
・投げ始めは痛くても、投げていると痛みは解消される

野球肩になってしまうと投球する時に肩が痛くなるだけでなく、投げるのが怖くなって全力投球ができなくなってしまうことがあるでしょう。
それでも練習を続けていると、無意識に痛みをフォローして投げてしまうという人もいるでしょう。

このような投げ方ガクセになってしまい、ついには本来の投げ方さえ忘れてしまう人たちもいます。

こうなると痛みを取り除くだけでなく、投げ方自体を直さなくてはならなくなります。
改善にも時間がかかってしまうでしょう。そのため、肩に痛みを感じた時には、できる限り早めに九条のえんめい鍼灸整骨院で施術を受けるようにしてみてください。

なぜ野球肩が起きるのか?

野球をする時、強くてスピードのあるボールを投げようとすると、どうしても末端の指先に力を込めてしまいがちですが、これだち手や腕全体の筋肉の緊張につながってしまいます。
そのため、腕を支える肩の筋肉に大きな負担がかかってしまうでしょう。

注意!野球肩の裏に隠れている病気

野球肩は肩の病気です。

肩関節唇損傷という病気も考えられますので、症状が深刻にならないように、早めに
九条のえんめい鍼灸整骨院で施術を受けてみてください。