送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

野球肘 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

野球肘

このようなお悩みはありませんか?

肘が長期的に痛むといった症状があれば、野球肘の可能性が考えられます。
特にお子さんは、成長期に野球でボールを投球しすぎてしまうと、野球肘になってしまうことは多いでしょう。

投げすぎてしまうことによって起こる、肘の障害を「野球肘」といっています。
投球する時や投球後に、肘が痛くなってしまうこともあるでしょう。
肘を伸ばす時や曲げる時に、肘の痛みによって急に動かせなくなってしまうこともあります。

特に、小中学生で野球をしているお子さんは野球肘になりやすいです。
これはピッチャーに多くみられる症状であり、成長過程で、骨端周辺の骨や軟骨が未熟であるにも関わらず、過剰に投球を繰り返してしまうことによって、肘関節を守っている軟部組織の軟骨や靭帯、筋肉、腱がダメージを受けてしまうからでもあります。

医学的には、「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と呼ばれています。

成長が完了した投球歴の長い選手でも、骨軟骨や筋腱付着部などの軟部組織に障害が出てしまうでしょう。
繰り返される投球動作によって、肘の内部にある靭帯組織が劣化してしまい、伸びたゴムのようになってしまうのです。

野球肘になってしまうと、野球のパフォーマンスも当然落ちてしまうため、早めに九条のえんめい鍼灸整骨院で施術を受けるようにしてください。

なぜ野球肘が起きるのか?

繰り返しボールを投げてしまうことによって、肘への負担が過剰となってしまうことが、野球肘の原因となります。

肘の外側で骨同士が衝突してしまい、骨や軟骨がはがれる、痛むなどしてしまうでしょう。
さらに、肘の内側では靱帯や腱、軟骨がいたんでしまい、肘の後方でも骨・軟骨がいたんでしまうのです。

注意!野球肘の裏に隠れている病気

野球肘は、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に出る離脱性骨軟骨炎の2種類あります。

野球肘について詳しいご相談がしたい人も、まずはお気軽に九条のえんめい鍼灸整骨院にご来院してみてください。