送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腸脛靭帯炎 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

腸脛靭帯炎

このようなお悩みはありませんか?

膝の外側に痛みがあるという人はいませんか?
その場合、腸脛靱帯炎が疑われます。
走った時や走った後に痛みが出てしまう、ある一定の距離で走ると痛みが出てしまうこともあるでしょう。
さらに、痛みが出ても休むとある程度良くなるという人たちもいらっしゃいます。
しかし、走り始めるとまた痛くなるといったように、症状を繰り返してしまうこともあります。
九条のえんめい鍼灸整骨院では、個々の原因をしっかりと見極めていき、個々に応じた施術を行っていきます。

なぜ腸脛靭帯炎が起きるのか?

腸脛靭帯炎には様々な原因が考えられますが、硬くなってしまった筋肉が原因の場合もあります。

そのため、腸脛靱帯を張らせている原因の筋肉の硬さを解消できれば、痛みは改善していくことができるでしょう。
その他、病院に行くと練習のしすぎと言われる人もいます。
ランナーに多くみられる怪我であることからも、別名では「ランナー膝・ランナーズニー」と呼ばれることがあります。

九条のえんめい鍼灸整骨院では、一時しのぎではなく根本的に腸脛靭帯炎のお悩みを解消していきます。
一人ひとりの原因についても、しっかり見極めながら行っていきます。

注意!腸脛靭帯炎の裏に隠れている病気

関連している病気には、鵞足炎(がそくえん)があります。
ランニングなど、膝の屈伸運動を繰り返す運動をしている人や、ランニングなどの運動は、膝を曲げる、伸ばすなど運動となります。

屈指運動を繰り返すことによって、膝の内側の骨と鵞足が擦れてしまい、膝の内側に痛みを引き起こしてしまいます。

そのため、走ることのある競技では鵞足炎が発生しやすいです。

症状が長引く前に、一度九条のえんめい鍼灸整骨院でしっかり症状を改善していきましょう。