送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

梨状筋症候群 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

梨状筋症候群

梨状筋症候群でお悩みなら九条のえんめい鍼灸整骨院まで

次のような症状があれば、是非一度九条のえんめい鍼灸整骨院までご相談ください。
・お尻にしびれや痛みを感じる
・長時間座っていると痛みやしびれが出るけれど立ちあがって歩くと治る
・屈伸すると足のしびれが強くなる
・ランニングなどで股関節を内側にひねると症状が出る
・立ち仕事を続けていると足やお尻が痛くなる
・横向きで寝ていると足やお尻に痛みが出てしまう

梨状筋症候群になると、特にお尻に痛みやしびれを感じてしまうものです。

お尻の痛みが強くなってきた、長期間症状が続いているといった時には、気軽に九条のえんめい鍼灸整骨院までご相談ください。

なぜ梨状筋症候群が起きるのか?

梨状筋症候群が起こる原因は一つだけではなく、複数考えられるでしょう。
・お尻の筋肉を酷使している
・怪我で起こるものや、お尻の打撲、股関節の捻挫
・座る時間が長い
・長時間のデスクワーク

スポーツや仕事で、腰や臀部に強いストレスが加わっている状態は、梨状筋症候群になりやすいです。

怪我で起こるものの中には、マッサージなど、お尻を強く圧迫されてしまう人もいるため、強めのマッサージを好む場合には注意が必要でしょう。

注意!梨状筋症候群の裏に隠れている病気

梨状筋症候群は、坐骨神経痛という病気が隠されています。

坐骨神経とは、腰から足にかけて、走っている人体で最も太い末梢神経で、腰や仙骨から足へと続いています。

坐骨神経は、何らかの原因で圧迫や刺激を受けてしまうことによって、お尻や太もも、ふくらはぎなどに痛みやしびれが出てしまう症状です。

腰から出て梨状筋の下を通り足へとつながっていくため、梨状筋がかたく、緊張すると
坐骨神経を圧迫してしまうことがあるでしょう。

深刻になる前に、是非一度九条のえんめい鍼灸整骨院までご相談ください。