送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ランナー膝(ランナーズ二―) | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ランナー膝(ランナーズ二―)

このようなお悩みはありませんか?

現在、次のようなお悩みのある人は、ランナー膝(ランナーズ二―)までお気軽にご来院ください。
・膝の外側が痛む
・正座がしにくい
・運動する時に膝関節の外側周辺1~3センチの箇所に痛みがある
・ランニングや下り坂、階段の昇り降り時に痛みが出る
・痛みで走れなくても、少し休むと楽になり、再開するとまた痛くなる

最近マラソンやウォーキングブームでもあり、積極的に行う人が増えていますが、この影響で膝に痛みが出て困ってしまう人たちもいます。

お客さんによって、湿布やサポーターをしてもなかなか良くならないからどうしたらいいのかわからないといった人もいらっしゃいます。

いつも靴の外側が減ってしまうといった人も、ランナー膝(ランナーズ二―)の可能性があります。

ランナー膝(ランナーズ二―)についてよく理解しておけば、痛みが出たとしても適切な方法で対処すれば、痛みを改善し、予防できるでしょう。

すでに痛みが出ているなら、早速ランナー膝(ランナーズ二―)を、九条のえんめい鍼灸整骨院で改善していきませんか。

なぜランナー膝(ランナーズ二―)が起きるのか?

ランナー膝(ランナーズ二―)は、O脚や足首の外側を捻挫したことのある人がなりやすい症状です。
体重が外側によりやすいということが原因として挙げられます。

さらに、普段からストレッチをあまりしない人も、疲れがたまって痛みが出やすくなる場合があります。

陸上競技の長距離選手やサイクリストなど、長時間、膝を酷使するような人たちも、ランナー膝(ランナーズ二―)になりやすいでしょう。

ランニングする人は勿論、過度な運動をしている人は、ランナー膝(ランナーズ二―)になりやすいと言えるでしょう。

九条のえんめい鍼灸整骨院で、一緒に原因を見極めていきましょう。

注意!ランナー膝(ランナーズ二―)の裏に隠れている病気

ランナー膝(ランナーズ二―)は「腸脛靱帯炎」と呼ばれることがあり、腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表です。

膝の屈伸運動を繰り返すことによって、腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触して、炎症を起こしてしまいます。

そうなると、疼痛が発生してしまうのです。
特にマラソンなどの長距離ランナーに、腸脛靱帯炎は起こりやすいでしょう。