送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

坐骨神経痛 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

2017.09.19 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

坐骨神経痛…肩こりや腰痛と並んで、普段耳にする機会の多い名前だと思います。
しかし、「坐骨神経痛」という名前は知っていても「どういう症状が出たら坐骨神経痛なのか?」「坐骨神経ってどこにあるの?」という方も多いと思います。
今回はそんな坐骨神経痛をご紹介します。

まず、坐骨神経痛とは、正式な疾患名ではありません。
何らかの疾患によって引き起こされる症状名です。
坐骨神経は脳からスタートし、脊柱の中(脊柱管)を通り、腰のあたりで左右に分かれ足先に向かう神経の一部分を指します。
正確には
・骨盤の後壁から出る仙骨神経叢という神経の束の1本を言い
・腰から膝裏までの範囲で
・人体で最も長く、小指ほどの太さがある神経です。
この坐骨神経、太いがゆえに圧迫されやすい難点もあります。
また、坐骨神経は太ももの内側や後ろを支配している神経です。足の運動や感覚を司っているのです。なので、圧迫されると太ももや末端部分に症状を引き起こします。
腰や臀部の痛み、太ももの裏や脚がじんじんと痺れたり
「お尻の奥のほうが痛む」
「冷えて固まっている感じがする」
「感覚がおかしい」
と訴えるお客様もおられます。

このとき、体を動かし圧迫を強めると痛みや痺れが増強するので
「ケンプ徴候」
「SLR」
などの検査をして、坐骨神経痛がどの疾患が原因によるものかを調べます。

《ケンプ徴候》立った状態で、体を後ろに倒し、痛む方向に体を回旋することにより、臀部から脚への痛みや痺れが出現するかどうかを確認します。
《SLR》上向きで寝て、足を真っ直ぐに伸ばしたまま、上に上げていきます。上げている途中で痛みや痺れが出たら陽性となります。

→代表的なこの2つは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の可能性を調べます。
坐骨神経痛は「椎間板ヘルニア由来」や「脊柱管狭窄症由来」など様々な原因で引き起こされますが、そのうちの1つに梨状筋を原因とする坐骨神経痛があります。

■梨状筋由来の坐骨神経痛■
坐骨神経は臀部にある梨状筋の下を通り足先に向かっていますが、梨状筋に挟まれて神経が圧迫されると「梨状筋症候群」という梨状筋由来の坐骨神経痛が出現します。(大抵の方は梨状筋の下を通りますが、まれに梨状筋を貫いて出てくるものなどもあります)
梨状筋は股関節の外旋(膝を曲げた状態で外側へ回す動作)・股関節の弱い外転(膝を伸ばした状態で、足を外方向へ動かす動作)という働きを持っています。
立っていて体全体を捻ったり振り向いたりする動きなど、下半身を安定させながら体を動かすために働く筋肉です。
ですから、サッカーやバスケットボールなど急な方向転換をすることが多いスポーツや、逆に長時間座り続け動かすことが少ないデスクワークなどは、梨状筋を酷使し、痛みを引き起こしやすいと言えます。

〈梨状筋症候群の施術〉
臀部は筋層の厚い場所です。
臀部の奥深くに存在する梨状筋はマッサージ施術では届きにくいため、鍼施術が有効です。
鍼施術とストレッチで筋肉を刺激し、凝り固まった筋肉に柔軟性を取り戻しましょう。
加えて、坐骨神経痛の原因には体幹の柔軟性低下や筋力低下、姿勢不良も考えられます。
猫背は骨盤を歪ませ、梨状筋の緊張を強くします。

当院で体の歪みチェックや鍼灸施術でツラい痛みとさよならしませんか?