送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腱板損傷 | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

腱板損傷

このようなお悩みはありませんか?

九条のえんめい鍼灸整骨院では、腱板損傷についての施術も扱っています。
スポーツをよくする人たちは、運動中に腱板をいためてしまうことがあります。
年配の方であれば、腱板自体が弱くなってしまい、ちょっとした動作でも傷めてしまうこともあります。

そもそも肩関節は、肩甲骨と上腕骨で成り立っています。
この肩関節を支えているのが、回旋腱板なのです。

なぜ腱板損傷が起きるのか?

腱板損傷になってしまう背景としては、腱板が骨と骨に挟まれているという解剖学的関係と、腱板の老化があります。そのため、比較的中年以降に起こりやすい病気と言えるでしょう。

明らかな外傷による腱板損傷は半分であり、残りはハッキリとした原因がなく、日常生活の中で、断裂が起きます。男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因となっている場合もあります。

注意!腱板損傷の裏に隠れている病気

腱板損傷には、次のような病気が隠されている場合がありますので、お早めに施術を受けるようにしましょう。
・上腕骨近位部骨折(じょうわんこつきんいぶこっせつ)
・脱臼
・五十肩
・変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)
・関節リウマチ

腱板損傷は、炎症がひどい時は冷やし、炎症がない時には温めます。
さらに電気施術、マッサージなどを使って痛みを取り除いていきます。
九条のえんめい鍼灸整骨院では基本を大事にしながらも、個々に応じて柔軟に対応していきます。