送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

眼精疲労(目の疲れ) | 【九条駅徒歩1分】腰痛・肩こり・むちうち施術が評判 | えんめい鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

眼精疲労(目の疲れ)

このようなお悩みはありませんか?

・視界がぼやける
・充血する
・目がしょぼしょぼする
・目が疲れる
・目が痛い
・目が重い
・まぶしい
・涙が出る
・最近肩こりがする
・倦怠感
・めまいがする
・頭痛
・めまい
・吐き気

上記のように、目や体の状態がいつもと「おかしい」と感じた場合には、早めに九条のえんめい鍼灸整骨院で施術を受けるようにしてください。

なぜ眼精疲労(目の疲れ)が起きるのか?

眼精疲労(目の疲れ)で最も多い原因は、目を酷使してしまうことです。
最近はネットやスマホを利用する人たちが増え、さらに、目に負担のかかりやすい社会環境です。

眼精疲労は様々な原因で発生してしまいますが、その中でも最も多い原因が、「目の使いすぎ」です。
その他、目の病気が隠されている場合があります。

注意!眼精疲労(目の疲れ)の裏に隠れている病気

眼精疲労(目の疲れ)に隠れている病気と言えば、近視や乱視、老眼です。
視力が著しく悪い、使っているコンタクトやメガネが合っていないなどする場合には、眼精疲労(目の疲れ)になりやすいと言えるでしょう。

焦点も合わず、目をこらさなければ視界が見えにくいといったことも出てきます。

その結果、眼精疲労(目の疲れ)になる程、肩こりや首のこりといった症状が出てしまうのです。

また、老眼が眼精疲労(目の疲れ)の原因になっているケースもあります。
これは年齢と共にリスクが高まるでしょう。

スマホを使う世代も幅広くなり、眼精疲労(目の疲れ)は大人だけに関わる症状とも言いきれません。

お子さんでも早くから眼精疲労(目の疲れ)になってしまう場合もあるでしょう。
眼精疲労(目の疲れ)は、早めに対処することで治りも早く、スッキリと症状を解消していけます。

九条のえんめい鍼灸整骨院で、ぜひ眼精疲労(目の疲れ)の施術を受けてみてください。